DORA麻雀のすすめ

オンライン掛け麻雀『DORA麻雀』とは

「オンライン掛け麻雀」ってなに?

 オンライン麻雀はみなさまご存じかと思います。「天鳳」「MJ」「麻雀格闘俱楽部」など色々ありますよね。私は全部熱心にプレイしました(笑)。しかしお金はもちろん掛けてませんよね。


 オンライン掛け麻雀とは、こういったネット上のプレイヤーと対戦はもちろん、なんとお金を掛けてプレイできるのです。それが「DORA麻雀」です。

DORA麻雀の登録方法はこちらです↓

DORA麻雀登録ページのアイキャッチです
DORA麻雀の登録方法【分かりやすく解説】DORA麻雀の登録方法から、入金方法、プレイ方法まで分かりやすく解説します...

「いやお金を掛けるのは違法だから捕まるだろ!」と思われるでしょうけど、「DORA麻雀」で捕まることはほぼないと言えるでしょう


何故かというと、DORA麻雀は日本国外の組織で運営され、その運営元も国際的なライセンスを持っているからです。

DORA麻雀のライセンスイメージです。

ただし、日本で完全に違法じゃないか?というと「グレー」が正解だと思われます

合法だと認められたわけでも、違法だと指摘されたわけでもないからです

言わばフリー雀荘のような状態に近いですね

オンラインの掛け麻雀って怖くない?

 よくわからないサイトでいきなりオンラインで掛け麻雀するのは怖いですよね。私も最初するのには勇気がいりました。しかし、レート(掛け金額の大小)が様々な卓が用意されており心配いりません。ただし、お金のやりとりは日本円ではなくドルでやり取りする仕組みになっています。(クレジットでも入金できるので難しくはありません)

 また、レートごとに最大負け金額が決められており、少なくともその金額を持ち合わせていないと卓に入れません。つまり、持ち金以上に取られることがないので安心ですね。


 そして何より、場代が安い!いわゆるフリー雀荘では、点5なら300~400円程(1位勝利時の10~15%程度)、点10なら600~800円程(1位勝利時の10~15%程度)を買っても負けても取られますが、DORA麻雀では勝った時のみ獲得金額の10もしくは15%(東風戦で10%、半荘戦で15%)が場代となります。


 つまり、負けた時の場代の負担がありません。フリー雀荘でたくさん打って、少しでも稼ぐ、プラスにしようと思えば場代が重要になります。

 つまりDORA麻雀は場代がめちゃくちゃ安いんです!これってメチャクチャ熱いですよね!

DORA麻雀のプレイ画面です。

 後、何が熱いって参加費無料で優勝賞金ありの大会も開催されてることなんです。まずはお試しでやってみるのもありかもしれません!

また、イベント期間中に役満を出すと賞金が貰えるイベントなども開催されています!


 この下は2020年の大会の時のイメージです!

無料で参加できて、賞金合計が3,000$(1$=約100円と考えても30万円以上)もあります!

DORA麻雀をプレイする上での注意点

 まず、18歳以上(高校生などは除く)しかプレイできません。

また、現在日本でプレイするのは違法では無いようですが、法律が変わるかもしれません。


 後、DORA麻雀に入金している状態で180日プレイしていないと、管理費として残金から毎月5ドルずつ引かれてしまいます。また、1年以上プレイしないと全額引かれます。プレイしない時はこまめに出金しましょう。

 また、お金を掛けてプレイして負けると当然お金は減ります。無計画にお金をツッコミすぎないようにしましょう。


DORA麻雀のまとめ

★海外のサービスでライセンスもあり、現在日本でプレイするのは違法ではない(日本の法律が変わるかもしれない)

★場代の負担は買ったときだけ

★レートが選べる

★最低負け金額が決まっていて安心

★参加費無料で優勝賞金ありの激熱大会もあり

★役満和了で賞金などの激熱イベントもあり

★18歳未満(18歳以上でも高校生等も不可)はプレイ禁止

★プレイしないなら出金はこまめに!

★お金の投入はほどほどに

 節度を持って楽しくプレイしましょう!